20代からの薄毛予防

20代で薄毛に悩んでいる方へ

20代薄毛

 

20代で薄毛に悩んでいる方は将来に不安を感じているはずです。私もそうでしたから。父親が若ハゲ、両親の父親も見事にハゲ、つまり私はハゲのサラブレッドです。若いころから薄毛におびえ、髪の毛にいいと言われることはひととおり試してきました。

 

今、私は40代半ば、なんとか薄いとは言われない髪の量を保っています。今は私の20代の頃と違って育毛に効果のある方法がそろっています。選び方さえ間違えなければ10年後、20年後、将来にわたって髪の量を保つことは可能なはずです。

 

このサイトでは、私が学習し経験してきたことをとおして、20代で薄毛におびえている方に安心してもらえる、実感してもらえる方法を提案していきます。20代で薄毛に悩む人が育毛を実践して明るい未来を手に入れることができたらいいなあ、そんなふうに思っています。


薄毛になる原因

薄毛を気にしている方は「AGA」っていう言葉を聞いたことがあると思います。AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」を意味します。20代の薄毛の原因はほぼAGAです。AGAは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが増加して発症します。

 

この、ジヒドロテストステロンの増加をうながすのが「5αリダクターゼ」という酵素です。つまり、AGAのそもそもの原因は「5αリダクターゼ」です。「5αリダクターゼ」さえなければAGAにはなりません。

 

この忌々しい酵素「5αリダクターゼ」が増える原因として

  • 遺伝
  • 食生活
  • 飲酒・喫煙
  • ストレス

などがあげられます。

 

その中でも「遺伝」が5αリダクターゼを活性化させるもっとも大きな要因です。これから遺伝に負けない薄毛対策を説明していきます。

20代からの薄毛予防

20代薄毛

AGA(男性型脱毛症)で一番厄介なことは「AGAは進行性である」ということです。つまり、AGAは一度発症したら何らかの対策をしないかぎりとめることができないのです。だから、薄毛対策は早ければ早いほど効果があるのです。ですから、20代で薄毛に悩んでいる方は今から始めなければいけません。今から始めて10年後、20年後、自分の将来を変えていきましょう。

 

育毛シャンプー

20代から始める薄毛対策、はじめの一歩は育毛シャンプーです。有名なところでは「スカルプD」や「サクセス」などの製品があります。育毛シャンプーには育毛成分が含まれていて育毛効果があると宣伝されています。

 

しかし、育毛シャンプーには致命的な欠点があります。それは「シャンプーは必ず洗い流す」ということです。いくら、効果のある育毛成分が入っていても洗い流してしまったら、その効果を十分に発揮することはできません。

 

では、シャンプーはなんでもいいのでしょうか?育毛シャンプーなんていらないのでしょうか?私はそうは思いません。むしろシャンプーは薄毛対策にとても大切であると考えています。ただ、シャンプーにいくら効果的な育毛成分が含まれていても効果はあまり期待できないと考えているのです。

 

シャンプーの目的は育毛の土台を作ること、洗浄力があり頭皮を正常な状態に保てることができればそれでいいのです。洗浄力が強すぎる、頭皮への刺激が強すぎるものは育毛の妨げになるので使用しないでください。

 

シャンプーを選ぶうえで大切なことは、その成分です。大きな声では言えませんが、ドラッグストアなど一般のお店で売られているものはほぼアウトです。成分解析の話はここでは触れませんが、天然由来の髪と地肌にやさしいシャンプーを使ってください。ちなみに私はこのシャンプーを使っています。

 

育毛剤

 

費用、効果のバランスを考えると、20代の薄毛対策は育毛剤がメインになります。私が若いころは育毛剤も今ほどいいものはありませんでした。それこそ髪には海藻がいいみたいな感覚で、本当に育毛に効果があるの?といった製品が多かったです。

 

しかし、今は研究が進んで薄毛対策に効果的な成分が次々と発表されています。医学的なアプローチで製品が開発されているので、一昔前とくらべると効果的な育毛剤の選択肢は格段に増えています。

 

私は育毛剤選びも成分を重視します。いま注目しているのは「キャピキシル」と「ピディオキシジル」という二つの成分です。

 

キャピキシルについて

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した発毛効果が強い成分です。キャピキシルは、あのリアップで有名なミノキシジルの3倍の効果があるとLUCAS MEYER COSMETICS社は発表しています。脱毛を予防する効果、発毛を促進する効果、ともに優れた効果が期待できる新しい育毛成分です。

 

ピディオキシジルについて

ピディオキシジルは正式名称をピロリジニルジアミノピリミジンオキシドといい発毛のために研究・開発された成分です。ピディオキシジル分子構造がミノキシジルとほぼ一緒です。そのため「ミノキシジル誘導体」と呼ばれています。発毛効果はミノキシジルに匹敵し副作用がないといわれています。

 

「キャピキシル」と「ピディオキシジル」が含まれている育毛剤

現在、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」両方が含まれている育毛剤はふたつしかありません。それは「BOSTONスカルプエッセンス」と「フィンジア」です。どちらも薄毛対策に効果があるすばらしい育毛剤です。

 

ふたつの製品の違いは

  • 「BOSTONスカルプエッセンス」はキャピキシルが5%、ピディオキシジルが1.5%配合
  • 「フィンジア」はキャピキシルが5%、ピディオキシジルが2%配合

です。

 

この、「ピディオキシジル」が0.5%多く含まれているというう理由で私は現在「フィンジア」を使っています。

 

>>「フィンジア」の詳細はこちら


育毛剤を浸透させる頭皮マッサージ動画 ⇒ こちら